チャットレディになるためには

woman600_14

チャットレディを始めようと決心したら、まずすることはドコのサイトに登録をするかというコトです。チャットレディを募集しているサイトは多数あるので、ドコに登録しようか悩む人も少なくありません。自分が何を目的としてチャットレディをやるのか、自分の目的に合うライブチャットサイトを選びましょう。

「露出あり」行為を一切する気もないし「露出あり」行為を要求されても応えないと決めている人は報酬が高くても「露出あり」チャットサイトに登録するのは止めましょう。後に大きなトラブルになりかねません。

サイトを決めたら、ライブチャットサイトに仮登録をします。フォームはサイトによって違ってきますが、メールアドレスや名前、生年月日、チャットネームなど簡単な内容を登録します。登録がすんだら、カメラテストを行なうサイトではカメラ審査を受けます。カメラテストと言っても難しいわけではありません。

大半がウェブカメラの動作確認と回線速度の調査、本人確認を目的としているもので容姿を判断するために行なうわけではありません。

またカメラテストの際にチャットサイトを実際に使用して、担当者から色々と説明を受けます。
質問があれば、この時に聞く様にしましょう。カメラテストが終了すると担当者から登録IDとパスワードが送信されてます。

送られて来たIDとパスワードでライブチャットサイトにアクセスしてプロフィールなどを入力します。

カメラ審査で落ちてしまった人は、その大半の理由が回線速度です。回線速度が遅いとライブチャットは意味がありませんので、できればカメラ審査の前に回線速度を自分で確認しておきましょう。

チャットレディの難しさ

チャットレディは自宅で自分のパソコンとウェブカメラを使ってサイトに登録している男性会員とパソコン上で会話などのやりとりをする在宅ワークです。

でも、今でもチャットレディは、実は「露出あり」行為をして稼ぐというイメージが強いですが、実際は「露出あり」行為が一切ない「露出なし」サイトも沢山あります。

チャットレディのメリットは自宅にいながら高額な報酬を得ることができる点です。パソコンを使って自分のライフスタイルに合わせて仕事ができるので、専業主婦や子育て中の人には有り難い仕事と言えるかもしれません。

しかしチャットレディは、そんなに簡単な仕事ではありません。パソコン上でのやりとりだからと言って外見に手を抜いてしまうと、男性会員の興味を惹くことができず、期待していた額よりも報酬も少なくなります。

また家族や近所の人にバレたら困ると思うならメイクの仕方や髪型も変えていつもとは違う雰囲気を作る必要もあります。自分が思っているよりも世間はずっと狭いです。

またウェブカメラを使うので人間だけでなく背景を男性会員に見られることにもなります。

そこに個人が特定できてしまうようなモノがハッキリと写っているとトラブルにも繋がる可能性があります。
男性会員の中には、自分が苦手とするタイプの男性会員も大勢います。

苦手だからと言って悪い扱いをしていると嫌がらせをされるケースも少なくありません。チャットレディという仕事をする以上、ある程度の覚悟も必要になってきます。

どこかに勤めていればミスをしてしまったら上司が先方に対して対応をしてくれたりもしますが、チャットレディは自分でしなくてはなりません。トラブルにならない様にするためにも甘い考えだけでチャットレディをするのはオススメできません。

関連記事

おすすめ記事

お問合せフォーム

サイトマップ

ページ上部へ戻る